カナダ・オカナガン体験の声

Nさん大阪出身の27歳の女性のワーホリさん

水曜日はチキンウィングスデー!

ケロウナ滞在2017年5月~。日本ではネールアーティストで活躍してたそうです。大都市よりも、田舎町の生活を体験したいとケロウナを選択。2か月間の語学学校を経て、8月アジア食材店に就職。

曜日はチキンウィングスデー! ということで久しぶりにチキンウィングスを食べてきました!

毎週水曜日はパブやバーでチキンウィングスが安く食べれる日です、ここカナダ。
なんで水曜日かってのは……忘れました (笑)
語学学校時代はチキンウィングスデーが1つのイベントみたいになってました (笑)
味の種類がありすぎて、いつも迷います。
タレがかかってるタイプと、ドライのタイプがありますが私はドライタイプのスパイシー系がオススメかなぁ^^

最近のケロウナは朝晩がぐっと冷え込んできました。冬はどんな感じやろうか。
鍋が食べたいなぁ。日本食は思ってるよりも手に入りますよ!
小さな街なので日本食が手に入りにくいという覚悟で来たのですが…普通に買えます。特にこだわりなど無ければ。
もちろん高いですけどね!やっぱり食べ慣れた味が恋しくなりますよね。
ただ…たこ焼き粉は売ってるんですが、たこ焼き器が売ってないので、それは持ってこれば良かったなと後悔してます。
あぁ、、食べたいなぁ、、、たこ焼き。

Nさん大阪出身の27歳の女性のワーホリさん

「英語は実戦で学ぶ」 をモットーに!

ケロウナ滞在2017年5月~。日本ではネールアーティストで活躍してたそうです。大都市よりも、田舎町の生活を体験したいとケロウナを選択。2か月間の語学学校を経て、8月アジア食材店に就職。

ロウナに来て4ヶ月が過ぎ、やっと先月からアジアンスーパーで働き出しました! お客さんの英語が聞き取るのも大変ですが、それ以上にカナダのコインがややこしい!(笑) 特に25セントコイン!レジ担当の日、このコインが毎回私を惑わせます。 日本には25円玉というものがないから難しく感じるのか、ただ単に私が算数が苦手な のか…。 日本みたいに自動でお釣りが出てくるレジを導入してくれないかなーと願ってるので すが…頑張って覚えた方が早そうですね。

このまえOsoyoosという砂漠地帯に行ってきました。 ケロウナから車で2時間くらいの所です。 ケロウナも結構カラッと乾燥してるんですが、ここはそれ以上でした! リアル砂漠!ライオンキング感を味わえますよ! でも湖もあったりする。なんて大自然なんだ! ケロウナもそうですが昼間めっちゃ暑いけど、湿気がないので日陰に入れば涼しいし、 ベトベト服が身体にへばりついてくることもありません。快適!

これからケロウナに来られる方!
保湿用品は必須です!ほんとに肌乾燥します!もちろんここでも保湿用品は手に入り ますがそれなりの値段します。 「カナダで買えば良いや」と思ってちょっとしか持って来なかった自分を恨んでやり たい!(笑) あとは女性の方なら、手とか足の毛を剃るカミソリも多めに持ってきた方がいいかも です。同じメーカーのやつでも、こっちのは高いです。
まだまだ私もケロウナ初心者なので、発見と驚きの毎日です。 よしっ!まずはコインの数え方から頑張りまーすっ!

Y君 10歳の男の子

一番楽しかったことはサイクリング!

ケロウナ滞在2015年7月~8月末

Y君は、最年少のお客様、英才教育に熱心なY君のお母様からの依頼で、Y君の独り留学の受け入れをしました。 JLAのアシスタントサポートを付けて渡航、私達は、Y君をバンクーバーでピックアップ。10歳という事と私が現地の後見人を引き受けた理由で、我が家でホームステイの受け入れをしました。学校は、語学学校ではなく、ケロウナにあるオカナガンカレッジ主催の子供向けのサマーキャンプ(キャンプOC)のコースの中から、マインクラフト、レゴロボットなど楽しいクラスを取りました。最初は、どうなることかと心配していましたが、Y君のフレンドリーな性格もあり、カナダの生活に直ぐに慣れ、日本では出来ない体験もし、楽しい思い出をたくさん作って帰国しました。

スタッフ:ケロウナで一番楽しかったことは? Y君:え~っと・・・サイクリング!家に自転車を持ってないから、それに僕の家の近くと違って、景色がいいから~
スタッフ:オカナガンカレッジのキャンプOCで楽しかったことは? Y君:マインクラフトとレゴ!先生がフリータイムを取ってくれるから、自分の好きなように遊べるんだよ、カナディアンの友達もたくさん出来たし、みんないい人だった。
スタッフ:英語は上達したと思う? Y君:Maybe!(英語で返答)でも、Tony(ホストファーザー)の英語が早すぎで分かりにくかったことも有るよ
スタッフ:ホームシックにはならなかった? Y君:ぜ~ぜん!お母さんに時々会いたかったけど・・・
スタッフ:カナダに滞在中、日本の何が恋しかった? Y君:日本では、パソコンで毎日1時間くらいマインクラフトをしてたけど、ここではできなかったから・・・
スタッフ:ケロウナに来て一番良かったことは? Y君:毎日リラークスして、のんび~りできたことかな・・・

Mさん 28歳 女性

初めてのカナダを旅行を満喫し

ケロウナ滞在2014年10月~2015年7月

Many さんは、観光ビザで滞在し、語学学校へ通いました。その後、学生ビザに切り替える予定だったのですが・・・ カナダを旅行し、大自然を満喫し、帰国しました。次回は、ワーホリビザを取得し、戻って来る予定です。 私にとって飛行機を一人で乗り継ぎ海外で生活する事が初めてでしたが、渡航前から丁寧にメールのやり取りを、スタッフの智子さんからして頂き、ケロウナ空港に到着後、スタッフのリエさんに温かくお出迎えして頂き、不安は一切ありませんでした。 ケロウナ滞在中にVISAの申請をしましたが、私一人ではうまくいかずお二人にご協力して頂きスムーズに申請する事がでしました。 頻繁にご連絡を頂き、家族の様に接して頂きました。そして素敵なホストファミリーをご紹介して頂き、本当に貴重な経験ができました。 ケロウナは自然が美しく、英語が堪能でない私にも気さくに声をかけてくれる人の温かさが魅力です。出会って3分でサングラスをくれる程 フレンドリーな町です!笑 いつかまた訪れたいと思います!

ケロウナ訪問2週間

メキシコ人の学生さん達です

2014年7月

M 今年の7月、某語学学校の依頼で、メキシコ人21名のホームステイのプレイスメントの仕事を担当しました。 太陽の国メキシコから来た学生さん達は、フレンドリーで大らか、常に笑いが絶えなく、周りの人たちもハッピーな気分にさせてくれました。  私達のホストファミリー達もメキシコ人学生さん達と楽しい時を過ごしたようで、”来年もメキシコ人の受け入れをしたい” ”永遠の友達になった” ”最高に楽しかった”と良いコメントを沢山~頂きました。  また、来年もメキシコ人学生さん達が来るといいな~