頑張れ学生さん - ブログ

IGKオープンハウス

13/09/2017
IGKオープンハウス

ロウナの語学学校International Gateway Kelowna が今年の9月より新しいビルに移りました。
カナダに滞在中の皆さんも一度は感じたことがあると思いますが、「どうして、カナダのサービは遅いの!」「お客を大切にしていない!」などなど・・・ これは、日本人の方々がカナダに来て受けるカルチャーショックの1つだと思うのです。この双方の考え方の違いを、考えてみました。
場所的には、以前の場所から道路を渡ったところに学校があるのですが、窓の多い開放的なイメージで校内も明るく、各教室の壁はビビットな色を取り入れ、教室に入って行くとポジティブなエネルギーが、自然と湧いてくるような感じを受けました。経営者の方の話では、風水で最善なエネルギーを取り入れられるようにと、校内の壁の色を選んだそうですよ。本当に、スタッフや学生さん達の事を考える経営者さんの気持ちが伝わってきました。
これからケロウナでの留学を考えている方々、新しくなったIGKで楽しく英語を学んでみませんか?日本人のスタッフが在中する学校だから、特に海外生活や英語に不安のある方々には、心強い事だと思います。

日本とカナダの接客サービスの考え方

06/09/2017
日本とカナダの接客サービスの考え方

近、カナダと日本の接客の考え方の違いについて考えさせられた事があったので、皆さんとシェアしたいと思います。
カナダに滞在中の皆さんも一度は感じたことがあると思いますが、「どうして、カナダのサービは遅いの!」「お客を大切にしていない!」などなど・・・ これは、日本人の方々がカナダに来て受けるカルチャーショックの1つだと思うのです。この双方の考え方の違いを、考えてみました。
 まず、日本で「お客様は神様」という言葉があるように、特にサービス業に携わる人は腰が低く、常にお客の立場が上であるという事。また、日本人は人生の中で”仕事”を重要視する考え方が浸透しているため、週末や時間外でも惜しみなく仕事をする人も多いですよね。これは、日本特有の考え方で、ほとんどの日本人が当たり前のように思っています。 背景として、ライバル他社との競争に勝つために、サービスを高め、同価格のままお客様の満足度を上げるという、生き残り戦略も大きく影響しているようです。
この日本のサービスと比較し、カナダでのお客様に対する考え方は大きな違いがあります。お客様と良いビジネス関係を築くには、双方が対等な立場であらなければならないという事です。カナダでは、個人のアイデンティティを尊重する事がまず一番で、従業員であることはその次、というのが一般的な考え方です。だからと言って、決してお客様に失礼な態度をとるというわけではないのですよ。分かりやすく説明すると、お客様も従業員もお互いを尊重し合うという事です。
良いビジネス関係が保てない場合は、会社の方からお客様の出り・契約を断るという話もあるくらいです。 このような背景からもわかるよに、カナダでは時間外や週末までも費やし、日本のように、お客様に必要以上のサービスを提供するという考え方は、成立しません。 その為カナダに来たばかりの日本人たちは、日本とのサービスの違いに腹を立て、何の解決策もなく、ストレスを溜めるばかりという事になります。 これは、日本のサービスが良い、カナダのサービスが悪いという事ではなく、明らかなカルチャーの違いだけの問題なのです。 それよりも、腹を立てる前にまず深呼吸をし、「そうだった、ここはカナダだった と再認識し、心にゆとりを持つように心がけると、カナダの滞在をもっと楽しめるのではないでしょうか?
海外でカルチャーの違い、考え方の違いを理解することは、英語を学ぶ事と同じように大切な事だと思いました。

カナダ建国150周年!

01/07/2017
カナダ建国150周年!

ギリスの探検家ジョン・カボットが1497年に、ニューファンドランド島のセント・ジョンズに上陸。それから早くも150年の年月が過ぎ、本日2017年7月1日のカナダデー(建国記念日)に、建国から150周年を迎えます。
毎年、カナダデーでは、首都オタワの国会議事堂前での式典をはじめ、カナダ各地でイベントやパレード、花火があり、街中にカナダ国旗やメープルリーフのフェイスペイトした人達が町に溢れ、盛大に記念日を祝います。 ケロウナでも、一日中いろいろなイベントが開催されていますので、ぜひ足を運んでみて下さいね。屋外の催し物が多いため、日射病を防ぐために、日焼け止めクリーム、サングラス、帽子、ウオーターボトルなど忘れないように。
Happy Canada Day!

ビクトリアデーのお祝い

19/5/2016

んにちは。月日が経つのは、早いですよね~ さて、今週末は、メイロングウィークエンドと呼ばれ、月曜日がビクトリアデーという祝日にあたります。 カナダの数少ない休日の一つ、ビクトリアデーとは。1819年5月24日に生まれた英国Victoria女王の誕生日を祝う祝日です。毎年女王の誕生日だった5月25日より前で一番近い月曜日が祝日となり、その週末はロングウィークエンド(3連休)となります。 ケロウナは、5月に入ると初夏の気配を感じる日も多くなり、アウトドアの大好きなカナディアンは、このロングウィークエンドが今シーズンのキャンプ開始の週末となるようです。 今年のロングウィークエンドは、残念なことに、天気がすぐれないようです・・・ それでも、キャンプに行く方は、防寒具をたくさん持参して、楽しんできてくださいね~

カナダの冬

1/3/2016

日が流れるのは、本当に早いものですよね~ あっという間に、3月になってしまいました。 3月といえば、”来春”この言葉道理、私は暖かい春めいた日差しを期待していたのですが・・・・ 朝起きると、また雪が降っているではないですか?????ケロウナに在住の皆さんは、すでに気が付いていると思いますが、これからいらっしゃる方々。 ケロウナの気候と天気は、本当に読めません。春が来ると言ってもこれですからね。笑 朝と夕方の天気が違うことも多々あるのですよ~  出かける時にお天気でも、必ず羽織れるものなどお持ちくださいね。この温度差に体がついていかないと、体調を崩してしまいますので。

セントパトリックスデー

14/3/2016
セントパトリックスデー

イルランドの祝日で、毎年3月17日にあたります。同国のシンボルカラーの緑色と国花(三つ葉)を身につけた人々がパレードなどをし、お祝いします。ケロウナでも、カナディアン達とアイルランドの移民の人々が一緒になり、緑色の洋服を着、緑色のスイーツやドリンクでパーティーをするのですよ~